巫女落華 其の壱 椿姫編

巫女落華 其の壱 椿姫編

神社の娘である鷹取椿姫は、亡き父や一線を退いた母、幼い妹に代わり退魔巫女として日夜妖魔と戦う日々を送っていた。
そんなある日、かつて父が命と引き換えに封印した強大な妖魔喪羅が復活し、彼女の前に現れる。
喪羅は椿姫と確執のあった男子生徒に取り憑き、その身柄を人質に椿姫への凌辱を開始するのだった。

媚毒と淫紋により淫らに作り変えられていく身体。
学校では瘴気で理性を失った一般生徒にまで犯され、ついには妖魔の卵まで産みつけられてしまう――。
はたして椿姫に反撃の機会は訪れるのか?


基本CG18枚
差分込み121枚
それぞれ文字あり版、文字無し版あり
全242枚

触手凌辱
淫紋で強制発情
催眠で淫乱化
触手排泄
産卵
……など、全体的にいつもよりマニアックな内容となっています。
また一部に断面図描写あり。
苦手な方はご注意ください。

巫女落華 其の壱 椿姫編の詳細はコチラ